大阪地域猫ネット
   大阪での地域猫活動をサポートできればと思っています。2009年3月、正会にいたしました。ありがとうございます。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
のら猫を増やさないために

私たちは、

TNRを

推奨します。


TNRとは、捕獲して不妊手術を施し、元の場所にもどすことをいいます。

※当方で猫の引き取りはしておりませんのでご了承ください。

最近の記事

黒猫房ショップ

売上げは不幸な猫たちのために使用させていただきます。

缶バッヂ 新発売!

最近のコメント

カテゴリー

里親募集中

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 マイクロチップってどうなの?
naokoです。
昨日の世田谷区の問題で、マイクロチップって、実際どうなのかをすこし調べてみました。

↓の記事は、
http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20060220B/index.htm
1.マイクロチップとはどんなものか?
2.マイクロチップ挿入体験記
3.日本で使用することができるマイクロチップメーカーへのアンケートメールの掲載
4.全国の動物病院に送ったアンケートメールの集計
5.マイクロチップのメリット・デメリット、今後の展望
と、前向きな態度で実に詳しく調べておられますので、ぜひご覧になってください。

私の感想は、決して悪いものではないけれど、登録され、予防接種もされなければならない(近頃徹底できていないそうですが)犬でもさほど進んでいない現在、猫に施して普及させることはなかなか難しいだろうなあ、ということ。現在では「安心のお守り代わり」以上にはなっていないようです。

中でも行政や獣医院の100パーセントに読み取り機があるわけではないことは大きい。
規格も統一されているわけではないこと、現在のシステムも将来はもっとデジタル化されるのではと考えると、まだまだ発展途上です。

なにより異物をペットの体に埋め込むというのですから、その安全性などについても、詳しい情報がもっと欲しいですよね。まれに体の中を移動するらしいし、読み取り不可になってたり、しこりになった例もあるようです。
そして猫は飼われている場合でも他人に触られるのを絶対拒否することが多いですから、施術時だけでなく、厳密にしようとすれば読み取りにさえ麻酔が必要な場合もあるのではないでしょうか。保健所で、迷子猫にそこまでするでしょうか?疑問です。

今後普及するためには、
●より安全で安価
●統一された規格
●読み取りが手軽になり、多くの場所に設置されること
が必要ではないでしょうか。
みなさんはどう思われますか?


↓こういうのもつくりました。ご利用下さい。
大阪 地域猫ネットのショッピング
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

つぶやき | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/03/02(日) 12:56)

<<マイクロチップ追記 | ホーム | 手術助成金制度を考える>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://osakathiikineko.blog34.fc2.com/tb.php/18-d7fa6ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 大阪地域猫ネット all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。